提供サービス

マンション管理組合を運営において「役員のなり手不足」や「トラブル」などの解消のために、これまでの区分所有者による役員にかわり、マンション管理士が理事長等の役員に就任するサービスです。管理組合の抱えている課題にあわせ、理事長以外にも理事や監事等に就任する方法もあります。なお、業務は当社に所属するマンション管理士が担当します。詳しくは当社までお問い合わせください。

パターン1:マンション管理士が『理事長』に就任
管理組合の理事長に就任します。
パターン2:マンション管理士が『理事』に就任
滞納担当理事などの特定分野を担当することも可能です。
パターン3:マンション管理士が『監事』に就任
会計や理事会運営の監査をおこないます。
パターン4:マンション管理士が『管理者に』就任(理事会あり)
理事会はこれまでどおり存続しますが、管理者が管理組合を代表して業務をおこないます。
パターン5:マンション管理士が『管理者』に就任(理事会なし)
理事会を廃止して、管理者が管理組合を代表して業務をおこないます。総会で業務チェックを受けます。

業務内容の例

以下は、マンション管理士が理事長に就任する場合の業務例になります。詳細な業務内容は、担当者が理事会でご希望をお伺いした上でご提案いたします。

1.管理組合の運営

定期的に理事会を開催し、専門知識や経験をもった理事長(マンション管理士)が、管理組合の運営を行います。また、懸案事項に積極的に取り組みます。

2.建物の維持管理

マンションの管理会社や既存業者あるいは新規の業者を活用しながら、コストを透明化し建物の維持・修繕を行います。

3.管理規約などのルールの制定

必要に応じて、管理規約や細則などのルールを整備し、適正な管理組合の運営を目指します。

4.管理組合の支出チェック

管理組合の運営に無駄がないか常時チェックをおこない、必要な場合には、支出の削減に必要な措置をおこないます。

5.マンション巡回チェック

定期的に、現地巡回をおこない、劣化状況や清掃状況などをチェックします。また、管理員や清掃員とコミュニケーションを図ります。

6.年に1回・通常総会の開催

区分所有法や規約に則り、適切に総会を開催するとともに、通常総会で当社の業務報告をおこないます。

7.管理会社の業務チェック

管理会社の日常業務や提出をうけた月次報告書の内容を精査し、問題がある場合には、管理会社に改善を求めます。

管理組合の金銭の保管について

すべての業務において、当社は管理組合の預金口座の印鑑を保持することはないため、安心してご利用いただけます。