われわれは、理事長業務を遂行するにあたって基本的に必要な能力は次のようなものであると考えています。

■人の話をよく聞き正しく理解することができる。
■自己の知らないことに謙虚に耳を傾け、また学習する能力がある。
■マンションの利益を優先し、私利私欲に走らない。
■計画的また総合的に物事を進める能力がある。
■危機管理能力がある。
われわれが求める人材は基本的に上記の能力を備えていることが必須の条件になります。その上でマンションに対する理解や経験があれば文句ありませんが、基本能力があればマンションの知識は学習することができますし、会社としてマニュアルや研修システムを用意しています。
逆に、マンション知識は随分とあるのだけれども、人格、言動や実務能力に問題がある方が一部のマンション管理士に見られます。このような方々は往々にして知識をひけらかし、管理組合の方々に対し高圧的な態度をとるように見受けられるので注意が必要です。
繰り返しになりますが、われわれは上記の能力を持ち、愛情をもって理事長業務等を行うことができる人材を求めています。お申し込みはこちらです。

お申し込みをいただいた場合、本支店の近隣県であれば次の手順により登録を行っていただき、管理組合からの要請がありしだい業務を行っていただきます。

申し込み(会社指定様式及び添付書類)
書類審査
面接
登録(審査を通った方のみ)
管理組合からの派遣要請
事前打ち合わせ及び研修
業務実施
業務報告(定期)及び業務点検(随時)