MENU

理事長業務代行サービスとは

多くのマンションで役員(理事、監事)のなり手不足が問題になっています。 特に理事長は負担も重いため、なり手の確保が困難です。 そこで、マンション管理士が理事長に就任することで理事長のなり手不足を解決するのが理事長業務代行サービスです。

当社の理事長代行サービスの特徴

管理組合の不安を解消するための工夫

理事長を外部の専門家に依頼することで生じる様々な不安を解消するために当社では以下のお約束を提供しています。また、いきなり理事長を依頼するのが不安な場合には、試用期間を設けることも可能です。

業務の質の確保

  • 実務経験豊富なマンション管理士が理事長に就任します。
  • 2名の担当制により、業務の継続性と安全性を担保します。
  • 厳しい倫理規定を設けると共に社内での業務チェックを強化して、業務品質を確保します。

損害の補填

  • 当社は銀行印を預からないことにより金銭事故を防ぎます。
  • 万が一業務上の過失により管理組合に損害を与えた場合には、マンション管理士保険により填補されます。
  • 日本マンション管理士会連合会が実施している『管理組合損害補償金給付制度』をご利用いただくことも可能です。

大規模修繕工事

  • 大規模修繕工事に際しバックマージンやリベート等を一切受け取りません。
  • 一定金額以上の修繕工事等をおこなう場合には相見積りを取得するなど、透明性を確保します。

サービス導入補助

理事長業務代行代行サービスを導入するにあたり、規約の変更や総会開催等の支援をおこないます。

PAGE TOP